法的な扱いが明確になっていないギャンブル

オンラインカジノの合法性の判断はどうなっている

オンラインカジノの合法性の判断はどうなっている

オンラインカジノは、違法なのか合法なのか判断しにくいというイメージを持っている人も多いです。
オンラインカジノは非常に魅力的なギャンブルの一つですが、違法なのかどうかはっきりしないというイメージがあります。

オンラインカジノの違法性・合法性については専門家の間でも意見が分かれている状態で、実は法律的にも曖昧な位置づけとなっています。
その理由にはいくつかの理由があります。

まず、オンラインカジノは、海外の運営会社によって運営されています。
そして、それらのオンラインカジノは海外にサーバーがあり、海外の合法とされている国で合法的に運営されているのです。
このため、日本の法律だけでこれを処罰することができません。
そんなことをすれば国際問題になってしまいます。
オンラインカジノは日本人が海外でカジノをすると同様に、特殊な状況である所為で日本の法律だけで裁くことができない状態になっています。

オンラインカジノは、海外の運営会社によって運営されていて、この運営会社は正式に国によって許可を得て運営されているので、なんら違法性はありません。
警察が一度2016年に日本人プレイヤーを摘発したという事件がありましたが、プレイヤーが争う姿勢を見せたところ、不起訴処分となりました。
オンラインカジノについては、証拠を集めることが難しく、検察側も違法性を立証することが困難だと判断をしたのでしょう。

オンラインカジノは、このように特殊な存在だからこそ法的には曖昧な位置づけとなっているのです。

オンラインカジノの法律自体が存在していない

実は日本の法律でもオンラインカジノを禁止とする旨の法律が存在していません。
一番近い処罰法である賭博罪に該当するかどうかですが、これは国内で金銭のやり取りがなされている場合に該当するものとなっています。
故に賭博元、すなわちオンラインカジノの運営会社も同時に罪に問わないと成立しないことになります。
オンラインカジノは、運営元が海外にありますので、この賭博罪に該当させることは難しいです。

何より、オンラインカジノそのものについて、明確に禁止している法律はありません。
オンラインカジノについては正式に法律で認められているというわけではないのですが、禁止されているわけでもないので、極めて曖昧な存在なのです。
日本の法律はまだ法整備が遅れていて、特にインターネットに関しては弱く、誹謗中傷ですら裁くことができません。

オンラインカジノは、このように法律そのものが存在していませんので、法的にはグレーゾーン的な位置づけとなっています。

詐欺やインチキは存在するのか

詐欺やインチキは存在するのか

オンラインカジノにおける詐欺やインチキは、オンラインカジノが登場した当時にはかなりの数で存在していました。
しかし、ライセンス制度が正式にでき、そしてライセンスが発行されるようになってからは、このような悪質な詐欺カジノは運営をすることができずに淘汰されています。
また、プレイヤー側も情報を提供する人間が増えてきていますので、情報をチェックすれば、このような悪質カジノに登録することは避けることが出来ます。

オンラインカジノのライセンスを発行されるまでには厳正な審査があります。
そしてこの審査をクリアするには長い月日がかかりますし、高額なライセンス料を支払う必要性があります。
このため、運営会社側もこのような苦労をしてようやくライセンスを取得しているのにもかかわらず、イカサマや詐欺をして、プレイヤーからの信頼を失墜させるようなことをするとは考えにくいです。

何より、オンラインカジノは詐欺やインチキをしなくても、運営元は儲かる仕組みになっています。
このように厳正な仕組みになっているのと、また運営元は詐欺やイカサマをしなくてもハウスエッジが存在していて、収益は安定していることから、詐欺をすることは考えにくいです。
オンラインカジノをよく知らない人からすれば、詐欺やイカサマがあるのではないかと思われがちですが、実はこれは間違ったイメージです。

ペイアウト率・キャッシュフローについて

ペイアウト率・キャッシュフローについて

オンラインカジノにおけるペイアウト率は著しく高く、97%以上のペイアウト率になっています。
これは日本の公営ギャンブルと比較しても圧倒的な数値になっています。

オンラインカジノは店舗を持たないギャンブルですので、維持費や莫大な人件費がかかりません。
このため、プレイヤーへと儲けを多く還元することが出来るのです。
そして、オンラインカジノのペイアウト率とキャッシュフローについては、外部の監査機関によって監査が行われており、これがきちんと公平であるかどうかもデータとして公表されていますので、安心できます。

コメントする