法的な扱いは時と場合による

ネット環境さえれば気軽に楽しめるオンラインカジノは高いペイアウトのおかげで一攫千金を夢見ることもできます。
スマートフォンからでも楽しめるので人気も高まっていますが、ふと冷静に考えた場合、日本国内ではカジノは禁止されていることに思い当たります。

IR法案が可決されたとはいえ、施行までは時間があります。
この点が実際にどのように解釈されるものなのか、探ってみました。

オンラインカジノは違法?

大前提として、国内ではカジノは違法です。
2018年6月にIR法案が可決されましたので、施行されればカジノは合法にはなりますが、施行までは時間があります。
それまではカジノはいくらオンラインでも違法なのではないかと考えるのも無理のない話です。

ここでポイントになるのは「オンライン」である点です。
オンライン、つまりは「インターネット上」になりますが、この点の法解釈こそオンラインカジノが違法なのか合法なのかの判断の分かれ目になります。
そしてこれについて考える場合、一つのヒントが海外旅行にあります。

海外旅行で外国に足を運んだ際、適用される法律は日本人ではあっても現地の国のものです。
日本国内では違法行為であっても、現地で適法とされているものであれば、日本人でも楽しめるのです。
その例の一つとしてお酒があります。
日本国内ではお酒は二十歳からと定められていますが、18歳からでもOKの国もあります。

18歳の旅行者が18歳から飲酒OKの国まで足を運んで、そこで飲酒をしても罪に問われることはありません。
オンラインカジノはこの理屈を考えると分かりやすいです。
オンラインカジノは日本語で楽しめるものもあるのですが、運営業者は海外の業者です。
海外の業者が海外のサーバーにてサービスを提供していますので、法解釈としては「サーバーの置いてある国の法律」が適用されることになります。
この観点から考えると、我が国のようにカジノが禁止されている国のサーバーにてオンラインカジノを営業している業者がいるとすれば、「違法行為」になりますが、海外の業者のオンラインカジノであれば法に問われることは考えにくいのです。

ネットだからこそ簡単に行えるのですが、法律的な解釈から見れば海外のサーバーにアクセスしている間は海外旅行を楽しんでいることを意味しますので、法律もサーバーが置かれている国に準拠するのです。

サーバーを調べるの?

法解釈が分かったとしても、ではオンラインカジノを楽しもうと思った際、どこのサーバーに置かれているものなのかまで分かるユーザーなどなかなかいないのではないでしょうか。
オンラインカジノに限らず、何気なく閲覧しているサイトのサーバーなど意識するものではありません。
そこで一つの目印となるのがオンラインカジノのトップページです。

トップページを見ると、オンラインカジノのライセンスが発行されています。
オンラインカジノは合法な国であっても認可が必要なもので、どの業者でも勝手に営業できるものではなく、認可を受けなければならないのです。
認可を出すのは行政になりますので、違法性のあるものであれば認可を受けることはあり得ません。
つまり、オンラインカジノのトップページを見て認可を受けていれば「真っ当なオンラインカジノ業者」「楽しんでも問題ないオンラインカジノ業者」だと分かります。

「ライセンスなんて偽造できるのでは?」と思うかもしれませんが、ライセンスを調べたり、あるいは口コミをチェックすれば真っ当なラインセンスを受けている業者なのかもすぐに分かります。

言葉の壁の問題

これらの点から、オンラインカジノは日本人であっても楽しめるものだと分かりました。
しかしながら法律の問題だけではなく、言葉の壁もあります。

海外のサービスである以上、外国語によってコンテンツが作られています。
日本人にとっては、法律よりもむしろ言葉の壁の方が現実的に大きな壁となっているかと思いますが、この解決策は決して難しいものではありません。
一つには、日本語サポートを行っているオンラインカジノがある点。
日本は大きな市場なので、日本人ユーザー獲得のために日本語版のサイトを用意してくれているオンラインカジノもあるので、そちらであれば安心感もあるでしょう。
翻訳ソフトの進化もポイントです。
ネット環境さえあれば、翻訳をリアルタイムで行える時代です。

ましてやオンラインカジノの場合、協議そのものは言葉で細かく説明を受けなければ分からない程難しいものではないので、登録等のみが言葉の壁を感じる部分です。
しかしながら、これらについても翻訳ソフトを使うなり有志のサイトにてレクチャーもありますので、それらを見ながらであれば実は決して難しいものではないことが分かるはずです。

まとめ

オンラインカジノに興味があるものの、法律的な面が良く分からないので躊躇していた人は、実はその心配がないことが分かったのではないでしょうか。
インターネット時代だからこその話ですが、これで心置きなく高いペイアウトを誇るオンラインカジノを楽しめると安心できたはずです。

コメントする